LPIC Level 1 合格のためのまとめ ② [パッケージ管理]

概要

LPIC 合格に向けた勉強メモ

パッケージ管理編

パッケージ管理

コマンドリスト

  • ldd

    • 実行ファイルが参照する必要のある共有ライブラリの一覧を表示
  • ldconfig

    • /etc/ld.so.cache を再構築する
    • ライブラリを更新したら、このコマンドでキャッシュをクリアする必要がある
  • dpkg

    1
    2
    -r (remove) : 設定ファイルは残してパッケージを削除 
    -P (purge) : 設定ファイルごとパッケージをすべて削除
  • apt

    1
    2
    3
    4
    clean : パッケージファイルを削除する
    dist-upgrade : システムをアップグレードする

    -s : システムを変更せず、動作をシュミレートする
  • apt-cache : パッケージ情報を照会、検索できるコマンド

    1
    2
    3
    4
    search
    show
    showpkg
    depends

パーティション

  • /home

    • 分割すると、ディストリビューション変更したときなどにデータを引き継げる
  • /var

    • 分割すると、ログ肥大などがシステムに影響を及ぼすことを回避できる
  • LVM(論理ボリューム管理)

    • パーティション上にボリュームグループを作成し、仮想的なパーティションを作成する仕組み
    • ディスク管理やバックアップを柔軟にできる

ブートローダー

  • GRUB

共有ライブラリ

  • lib—.so.– という名前がつけられる
  • OS がダイナミックリンクする
  • /lib や /usr/lib 配下に存在するものが多い
  • 上記に存在しないライブラリは、 /etc/ld.so.conf に記述

パッケージ管理

  • /etc/apt/source.list にパッケージを管理しているサイトの URL が記載される
    • main : 公式にサポートされるソフトウェア
    • universe : コミュニティにメンテナンスされるソフトウェア
    • restricted : デバイス用のプロプライエタリなドライバ
    • multiverse : 著作権や法的な問題で削除されたソフトウェア
    • contrib : フリーではないが依存関係のあるソフトウェア
    • non-free : 利用と改変配布に制限のあるソフトウェア

クラウドとLinux

  • Cloud-init
    • インスタンスの初期化時に設定を実行
    • ホスト名やSSH鍵、パッケージなどを設定可能

LPIC Level 1 合格のためのまとめ ② [パッケージ管理]

https://alumi-mic.github.io/security_kb/2020/12/LPIC/2020_12_27_lpic_level1_2/

Author

Kashiwaba Yuki

Posted on

2020-12-27

Updated on

2020-12-27

Licensed under