LPIC Level 1 合格のためのまとめ ③ [GNUとLinuxコマンド]

概要

GNUとLinuxコマンド編

GNUとLinuxコマンド

コマンド

  • unset 変数名

    • 変数の削除
  • history

    • コマンド履歴の表示
  • tee

    • コマンドの実行結果をファイルにもパイプにも渡す
    • ls -l | tee ls_result | wc -l
  • cat

    • -n 出力に行番号を追加
  • nl

    • 行番号付きで文字列を出力
  • head

    • ファイルの先頭部分
  • tail

    • ファイルの末尾部分を表示
    • -n 行数
    • -c バイト数
    • -f 追加された行の表示
  • xargs

    • 標準入力で受け取った内容を別のコマンドの引数に渡す
    • ls “*.exe” | xargs rm
  • grep

  • sed

Bash ショートカット

  • Ctrl + A : 行頭に移動
  • Ctrl + E: 行末に移動

コマンドリファレンス

  • pwd; ls

    • 前のコマンドが失敗しても、次のコマンドを実行する
  • pwd && ls

    • 前のコマンドが成功した場合のみ、次のコマンドを実行
  • pwd || ls

    • 前のコマンドが失敗したときのみ、次のコマンドを実行
  • (pwd; date; ls) > res.log

    • 複数のコマンドをひとまとまりにして扱う
  • シングルクオーテーション

    • すべてを文字列として扱う
    • 中に変数があっても展開しない
  • ダブルクオーテーション

    • 文字列として扱う
    • 中に変数があれば展開する
    • “$PATH”
    • バックスラッシュでエスケープ
  • バッククオーテーション

    • 内部にコマンドがあれば、実行した結果を展開する
    • echo “hello `pwd` world”

シェル

  • ログインシェルは /etc/passwd に記載
  • 環境変数はシェル変数として定義される
    • export を利用して、他のシェルプロセスでも環境変数を参照できるようにする
    • シェル変数を参照する際には $ が必要
      • VAL = 111
      • echo $VAL

パイプとリダイレクト

  • ストリーム

    • データの入出力に伴うデータの流れ
    • 標準入力
    • 標準出力
    • 標準エラー出力
  • パイプ

    • コマンドの出力結果を別のコマンドに渡せるようにする仕組み
    • ls | -wc -l
    • dmesg | less
  • リダイレクト

    • ls > result.txt
    • grep “shell” < file.txt > result.txt
    • find / -name “*test” 2> error.log
      • 2> で、標準エラー出力をリダイレクト
      • 2>&1 で標準エラー出力と標準出力をリダイレクト

LPIC Level 1 合格のためのまとめ ③ [GNUとLinuxコマンド]

https://alumi-mic.github.io/security_kb/2021/01/LPIC/2020_12_27_lpic_level1_3/

Author

Kashiwaba Yuki

Posted on

2021-01-04

Updated on

2021-01-04

Licensed under